ドッグ

ペットが肝臓病で苦しまないための秘策を伝授

大切な家族の一人です

遺影

多種のお別れがあります

一緒に生活していたペットが亡くなった時、その愛着の度合いからペット葬儀を行いたいと考える大阪府民がたくさんいます。ペット葬儀は、さまざまなペットと一緒に合同で火葬を行うことができ、合同納骨所に安置することができます。共同のペット霊園は個別の墓石を建てることはできませんが、花を飾ったり供養をすることが可能です。個別にペット葬儀を挙げたい人は、合同火葬よりもコストが掛かりますが、火葬後、遺骨を納骨するか、返骨するか選ぶことができます。霊園も個別に墓地、墓石を建てる事も出来ますが、年間維持管理費が掛かります。霊園では納骨堂にペットの写真や当時好きだったおもちゃを飾り、棚やコインロッカーに収める事ができます。ペットをこよなく愛する大阪府民は立会いの元、火葬を行いたいという希望もあり、大阪の火葬場で立会い葬儀を行う場合や、自宅に移動できる火葬車両が訪問して、家族の見守る中、車中の火葬炉で火葬する事も出来ます。火葬に掛かる費用はペットの大きさや体重によって異なります。小鳥やハムスターといった小動物から、猫やウサギ、小型犬の方が数千円高く費用が掛かります。また、犬でも秋田犬や土佐犬などかなり大きいペットは小動物と比べても7,8千円異なっています。また、合同火葬よりも立会い火葬や訪問火葬の方が費用は高くなります。大阪府の家庭でその思い入れによりペット葬儀もさまざまな形があります。葬儀社に相談して納得のいくお別れをしたいものです。