ドッグ

ペットが肝臓病で苦しまないための秘策を伝授

早めの治療が肝心

犬

原因や治療の方法

ペットの皮膚病は種類が多く、その分原因も多いので、飼育する上でしっかりと対策することが肝心とされています。具体的にはペットの皮膚病には、ノミやダニの寄生によるもの、真菌や細菌感染によるもの、接触や乾燥によるものなどがあります。ペットは痒みから患部を掻いたり齧ったりするので、それにより皮膚病は悪化していくことになります。したがって皮膚病を発見した場合には、速やかに動物病院に連れて行き、治療を開始する必要があります。痒みが強くはないうちに治療しておけば、それだけ早く症状が改善されるのです。寄生による皮膚病の治療は、原因となっているノミやダニを駆除する薬を使って行われます。皮膚から浸透した薬が血液に混ざると、その血液を吸ったノミやダニは死ぬことになるのです。真菌や細菌による皮膚病の治療には、これらを弱らせて増えにくくする抗真菌剤や抗生物質が使われます。使用を続けることで、やがてはペット自身の免疫力がこれらに勝てるようになります。そして接触による皮膚病は、薬で炎症を抑えつつ、原因となっているシャンプーや衣服など使用しないように気をつけることで改善されていきます。乾燥が原因となっている場合は、保湿効果のある薬用シャンプーを使ったり、保湿成分が配合されたサプリメントを飲ませたりするのです。ただしいずれの皮膚病も、環境を改善しなければ再発する可能性があります。そのためペットのベッドなどの衛生状態を良くしたり、免疫力を高めるために食事内容を見直したりすることも大事です。