家族

ペットが肝臓病で苦しまないための秘策を伝授

早めの治療が肝心

ペットの皮膚病は、悪化しないうちに治療することが大事です。治療では、ノミやダニの寄生が原因という場合は駆除薬が、真菌や細菌感染の場合は抗真菌剤や抗生剤が使われます。接触性の場合は接触を断ち、乾燥性の場合は保湿することが必要となります。もちろん再発防止のために、環境改善にも力を入れることも肝心です。

大切な家族の一人です

大阪のペット葬儀は、合同火葬、家族との立会い火葬、訪問火葬など、家族によってさまざまな葬儀を挙げる事ができます。お骨は納骨か返骨を選定でき、納骨所も共同墓地や個別墓地に納骨して花を飾ったり供養することも可能です。

早期発見が難しい病気

犬と猫

なりやすい種類とは

ペットも人間同様、様々な病気になります。肝臓病にかかるペットも多く、加齢とともになるリスクは増大します。肝臓は沈黙の臓器といわれ、病状がかなり進行するまで症状が出てきません。そのため、定期的な健康診断とともに、なりやすいペットの種類などを把握しておき、予防と早期発見につとめる必要があります。肝臓病は犬と猫に発症しやすいといわれています。肝臓は体内に入った毒素を無害化したり代謝を行ったりする働きがあります。人間の近くで生活することが多い犬と猫は、人間の生活からでる毒や有害物質に接することが多く、肝臓を酷使しがちです。そのため、肝臓病になるリスクが高いと言われています。また、肥満も肝臓病の大きな原因となります。犬と猫は人間の食べ物をもらったり食べたりすることで肥満になることも多いため、リスクが高くなるのです。犬の中でも、テリア系の犬種は、体内に銅を溜め込む性質があるため、とくに肝臓病リスクが高いです。こうした犬種を飼うときは、あらかじめリスクがあることを知っておいた上で体調をよく観察しなければなりません。肝臓病の症状は、食欲のなさ、嘔吐、水分をとりたがる、尿の量が増える、歯茎が黄色くなるなどがあります。ペットにより症状の出方は様々で、またこうした症状は他の病気とも似ている症状です。肥満などがあるとさらにリスクは高まります。こうした症状が見えたら、早めに動物病院に連れて行くのがおすすめです。

飼うなら絶対にすべき確認

ペットブームが過熱するにつれ、売れればいいという悪徳なブリーダーも増えてきました。悪徳ブリーダーに引っかからないためには判断基準を持つのが大切です。実際に犬を見て、性格や健康に難がないかを自分で判断できるようにしましょう。